結婚式に呼ぶ人数ってどのくらいが妥当?

結婚式に呼ぶ人数ってどのくらいが妥当?

結婚式を挙げるとき、真っ先に決めるのは予算ではないでしょうか。
そして、予算を決める場合にはどのくらいの人数を招待するかが大事になります。
なぜなら招待した数によって、挙式・会場・衣装・演出などの規模が変わる事や、挙式費用をご祝儀でまかなうことが出来るからです。
少人数の結婚式の場合は、新郎新婦の両親、親しい友人、親戚などの近しい人を呼ぶ傾向があります。
一方で、それ以上を呼ぶ場合は、上記に加えて勤め先の上司や同僚、その他お世話になった方などを招待する人がいます。
どの程度の規模にするかは、結局のところそのような式を挙げたいかという本人たちの意向によりますが、決め手としては、呼びたいと思った人を招待する。
もし招待を迷ったら結婚式に呼ぶことにすると、相手にも喜んでもらうことができて結果としてよい思い出になることがあるようです。
呼ぶ人を考える上では、結婚式を通して、感謝を伝えたい人や祝福して欲しい人を選んで呼ぶようにしましょう。

結婚式を挙げる際に気になるお車代の準備について

就職などを機に地元を離れている人も多いかもしれませんが、そうした人たちは結婚式を挙げる際にどこで挙式するか悩んでしまうかもしれません。
現在の職場の人たちが行きやすい場所にすれば、学生時代の友人や親族など地元の人たちからのアクセスが悪くなってしまうでしょう。
夫婦の地元が違う場合は、中間地点で結婚式を挙げるのも一つの解決策かもしれません。
ゲストが遠い場所から結婚式場に参列してくれる場合、その気持ちに感謝してお車代を準備するのがマナーです。
金額は距離や関係性によっても異なりますが、5,000円から10,000円程度は準備しておくのが良いでしょう。
少しでも相手に負担を掛けないよう新幹線のチケットなどまで手配する場合もありますが、ゲストの中には自分の都合で交通手段や時間を選びたいという人も増えているので現金で用意するのが気楽かもしれません。
お車代は必須ではないかもしれませんが、ゲストに気持ちよく結婚式に参加してもらう上で大切な役割を果たしています。

結婚式に関する情報サイト
結婚式の常識とマナー

当サイトでは結婚式の流れと式を挙げる前に知っておきたい常識とマナーなどをご紹介しています。これを知っておけば、一生に一度のウェディングを行う場合にも安心です。式に呼ぶゲストの人数はどのくらいが妥当なのか、という気になる疑問にもお答えしています。どの間柄の人たちを招待するか迷う場合には目を通しておくと参考になります。さらに式の引き出物やお菓子の予算や選び方も解説しているサイトです。ゲストに喜ばれる贈り物がみつかるはずです。

Search